投資を考えているなら新築アパートがベスト

マンション模型

空き室がこわい

不動産投資を行う上で収益を安定させることは大切であり、それは投資者がサラリーマンであろうと例外ではありません。マンション投資を行うにあたって、心配なのが空き室リスクなのです。しかし家賃保証会社を利用すると、リスクなく家賃を保証してくれるので安心です。融資を受けても返済金以上の家賃収入が確保できます。

管理会社を選ぶ際には

マンション管理には自主管理と管理委託があり、現在では日本のマンションの多くは業者に委託されるようになっています。その際には信頼出来る業者選びが大切ですが、24時間即時対応してくれるかどうかは重要なポイントです。また、確かな実績がある業者であればそれだけ安心して業務を委託することが出来ます。

人気のエリアに投資しよう

マンション経営で成功するためには、人気のあるエリア、もしくはこれから人気が出てきそうなエリアの投資マンションを持つ必要があります。どの街に人気が出てきそうなのかということは自身の足で歩いて情報を集めましょう。

実質利回りの高さが魅力

お金と積み木

不安をなくしやすい方法

不動産投資を始めるときには様々な不安を抱えてしまいますが、新築アパートを利用するとその大半を払拭することができるので人気があります。不動産投資では入居者を十分に確保し続けることが必須になりますが、魅力のない物件を手に入れてしまうと入居者募集に苦労することになりがちです。新築アパートは新しいというだけで十分な魅力があるため入居者募集に成功しやすく、不動産投資を始めてから速やかに満室を作り出すことができるでしょう。それに加えて老朽化の心配も十年以上は心配しなくて良いため、当面は安定して少ない支出で経営を続けられるという魅力があるのが新築アパートです。一方、実質利回りの高さも新築アパートで不動産投資をする魅力として着目されています。中古アパートに比べると購入価格は高くなりますが、修繕が当面は不要であることや一部屋当たりの家賃が高いことがメリットになるでしょう。単純利回りでは劣ることが多いですが、実質利回りでは有利になる場合が多いのです。新築マンションに比べても購入価格が低いことに加えてエレベーターなどの管理や点検にかかる費用を抑えられるため、実質利回りが高くなりやすいのが新築アパートの特徴でしょう。しっかりと試算をしてみる周到な人ほど収益性が高いことに気づいて新築アパートで不動産投資をするのを選んでいます。物件数が多くはないことから競争になっているのも事実であり、見かけられたときには投資に踏み切ると良いでしょう。